ビジネスを成功する秘訣とは|飲食店開業前に知っておきたいこと

詳細な売上記録で店を管理

レジ

経営分析に必須のデータ

自分の店で今、どんな商品が売れていて、どんな商品が売れていないのか、あるいは過去から現在にかけてどんな売れ行きの変化があったのかといった状況を知ることは、業績アップを目指すうえで欠かすことができません。POSシステムを導入すれば、こうしたデータを精緻かつ効率的に管理することが可能になります。POSシステムは、日本語では販売時点管理といいます。その名が示す通り、商品等の売上があった場合、それを発生の都度記録・管理するシステムです。POSレジと呼ばれる機械を使って会計処理を行うと、単に合計金額のみならず商品名や販売個数、単価、販売日時などが自動的に記録されます。この記録は、日時・月次・年次などさまざまなスパンで集計することができます。また、個別の商品ごと、食品や日用品などジャンルごと、価格帯ごとといったカテゴリー別の集計も可能です。こうして得られたデータは、経営分析のための資料として活用できます。季節ごとの売上の変化、人気商品の変遷などを可視化することで、仕入計画や販促企画などの立案に活かすことができます。また、たとえば午前中に売れやすい商品、雨の日に売れやすい商品など、さらに細かな売上動向を知るよすがともなります。これを参考にして商品の入れ替えなどを行えば、限られた売り場スペースを有効活用することができるようになります。さらに、POSシステムを導入すれば店の繁閑状況も一望のもとになるため、人員の配置計画も立てやすくなります。